気になるセルライトの除去法を紹介していきます

冷えの原因・低体温(セルライト対策)

冷えの原因・低体温(セルライト対策)

画像の説明

セルライトを助長する冷えの原因には、低体温が挙げられます。低体温の原因を解消し、セルライト除去法の効果をより実感できるようにしましょう。

通常、平熱というのは36度5分です。子供の頃から、体質で体温が低いという方もおられますが、最近体調がすぐれないという方が体温を測ってみると、低体温で驚かれることもあるようです。

低体温だと、体全体の抵抗力が落ち風邪をひきやすくなり、風邪をひいてもなかなか治らない、女性の場合には生理不順、腰痛、不眠などの様々な体の不調が出てきます。

そして、低体温は、セルライトのできる原因の冷えを招き、他の除去法の効果が出にくくなります。

低体温で体の中の体温が低いと、血流も悪くなるので、脂肪の代謝も悪くなります。

低体温になる原因というのは、生まれつきの体質以外では、食生活が大きく影響しているようです。



低体温の予防には食生活が大切です。亜鉛、鉄などのミネラルとビタミンは、体に入った食べ物の糖質をエネルギーに変えるときに必要です。これらのミネラルを積極的に摂取することは、低体温の予防につながります。

加工食品や、外食は、ミネラルやビタミンが少なくなりがちですので、低体温の予防には食事の栄養に気を配る必要があります。

他にも、季節の旬の野菜や果物には、その季節に合った役割があります。

夏野菜には、体を冷やす役割があり、反対に、冬野菜には体を温める役割があります。

最近は、いつでも野菜を好きな時期に食べることができるようになりました。一年中好きなものが食べられるけれども、季節感を無視してしまう現代の食生活も、体の冷えを招き、セルライトができる原因となっているようです。

体を温めるしょうがを積極的に摂取したり、ミネラルとビタミンを積極的に採る生活をして、低体温を予防し、セルライトの予防や解消にもつなげたいですね。

食生活の改善を加えて、普段のセルライト除去法に役立ててくださいね。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional