気になるセルライトの除去法を紹介していきます

ノーニードルメソセラピーのセルライトへの効果は

ノーニードルメソセラピーのセルライトへの効果は

画像の説明

ノーニードルセラピーは、ヨーロッパで生まれた美容技術です。名前から分かるように、針を使わないで美容施術をする方法がノーニードルセラピーです。

ノーニードルセラピーでは、分子が大きかったり、水溶性じゃないため、肌に浸透しにくい成分を浸透させることが出来ます。その秘密は、Eポレーションシステムという電子孔理論です。

ノーニードルセラピーで、肌の表面に一時的に電子孔を開けます。穴を開けることによって、細胞内に有効成分をダイレクトに注入することが出来るのです。

だから、普通に塗ったりマッサージをするだけでは浸透しないような有効成分も、しっかり浸透させることが出来るのですね。

この有効成分は、ノーニードルセラピーの施術の目的によって変えることが出来ます。

例えば、美白なら美白効果のある有効成分を浸透させられます。つまり、セルライトを除去したい場合は、セルライトに働きかける脂肪融解成分を浸透させられるのです。

セルライトのための脂肪融解成分は、カルニチンやカフェイン、ガラナ種子エキスなどがあります。これらを脂肪細胞へ直接与えることで、効率よくセルライトを除去することが出来るのです。

皮膚に穴を開ける、と言うと、かなりの痛みを想像するかもしれませんね。でも、極微小の穴なので痛みはありませんし、傷がつくこともありません。ノーニードルセラピーなら、長年蓄積して固くなったセルライトも融解してくれます。

また、分解された脂肪は、数日で排出されるので、再度蓄積することもないので、安心して受けられる施術と言えるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional