気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトケアをすると痒くなるのは何故?

セルライトケアをすると痒くなるのは何故?

セルライトケアにはいろんな方法がありますが、基本は血行を良くして新陳代謝をあげる方法が一番効果的です。

血行を良くする方法としては、有酸素運動やマッサージが挙げられます。

有酸素運動は、酸素をたっぷり取り込みながら体を動かすことで、血行を促進します。ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリング、ヨガなどが代表的な有酸素運動ですね。

また、有酸素運動は脂肪を燃焼する効果も期待出来ます。有酸素運動をすると、最初は血中や内蔵の脂肪が燃焼されますが、時間が経つと体脂肪がエネルギーとして使われます。つまり、有酸素運動は脂肪も燃焼出来て、血行も促進することが出来るので、セルライト除去に効果があるのですね。

また、マッサージをすると、血流やリンパの流れが促されます。すると、セルライトの原因となる冷えやむくみを解消出来ます。老廃物や水分、脂肪などが血液やリンパに運ばれて排出されるので、セルライトの改善や予防効果が期待出来ます。

この2つのセルライトケアの共通点は、とにかく血行を促進するというものです。血行が促進されると、痒くなりますよね。

つまり、セルライトケアの方法によっては、痒みが出ることがあるのです。

画像の説明



特に、セルライトが出来ている部分は、肥大化した脂肪によって血液の流れが悪くなっているため、痒くなりやすいのですね。でも、痒みがあるということは血流が良くなっているということなので、セルライトに効いている証拠です。


ですから、痒みは気にせずにセルライトケアを続けましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional