気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトを放っておくとどうなる?

セルライトを放っておくとどうなる?

画像の説明

セルライトは痩せている、太っていること関係なく成人女性の約8割の身体にあります。

生活習慣の乱れ、ストレス、加齢や運動不足により代謝は落ちていく一方です。それらが原因で体内の循環機能が悪くなってしまい、脂肪や余分な水分などの老廃物が溜まっていきます。それがセルライトです。

では、出来てしまったセルライトを何もせずに放っておいた場合はどうなってしまうのでしょうか。

セルライトが出来た組織の周辺では、さらに血液やリンパの流れが悪くなっていきます。そしてさらに脂肪と老廃物の塊は大きく硬くなり、増えていってしまうのです。細胞組織に硬く残り、放っておくとでデコボコになってしまった跡は消えなくなってしまいます。そこまで症状が悪化してしてしまえば外科の手術をする以外、セルライトを除去する方法はないのです。

欧米では、セルライトを放置したことが原因で病気になったケースも多くみられ、その病気の一つに血栓症があります。

血栓症は心筋梗塞や糖尿病、エコノミー症候群の原因となるものです。

血栓症といえば、血液の塊が血管の壁に付き、血液の流れを悪くして起こることはご存知でしょう。

進行したセルライトを放置しておくと、脂肪と老廃物の塊が血流の障害になるのです。リンパ管還流障害を発生させる水腫が出来てしまう原因の一つにもセルライトが挙げられています。

見た目の美しさを壊すだけでなく、病気にまで発展してしまう可能性のあるセルライト。出来でしまったら、早い段階で除去する努力をすることが大切です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional