気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトの種類について

セルライトの種類について

一度ついてしまったら、なかなか取れないセルライトですが、セルライトにもいくつかの種類があります。



セルライトは、脂肪型セルライト繊維化型セルライトむくみ型セルライト筋肉質型セルライトの4種類になります。




脂肪型セルライトは、セルライトの50%を占める一番多いタイプです。これは、脂肪が蓄積して肥大化しているセルライトですが、またコラーゲンによって固まっています。つまり、セルライトの中でも、組織的に一番脂肪に近いので、ダイエットでも落としやすいというのが特徴です。ただし、そのままにしておくと肥大化して、繊維化型セルライトになるので気をつけましょう。





繊維化型セルライトは、皮膚の表面が凸凹になる典型的なセルライトです。セルライトが出来てから時間が経っているので、セルライトが進行している状態です。肥大化した脂肪にコラーゲンが絡み合っているので、固くなっているため、自分で落とすのは難しいと言えるでしょう。





むくみ型セルライトは、その名のとおり、冷え性やむくみなどが原因で、全体の約30%を占めるセルライトになります。冷えやむくみで老廃物が溜まり、その老廃物と脂肪がくっついて出来ています。ただ、ガチガチに固くないので、冷えやむくみを解消すると落ちやすいという特徴があります。





筋肉質型セルライトは、全体の約5%と少ないものの、筋肉がついている人は要注意のセルライトです。スポーツをしていて筋肉がついていた人が、急に運動しなくなると、筋肉が脂肪に変化し、セルライトになってしまいます。筋肉型セルライトはとても固く、プロのセルライト除去を受けないと落とすことが出来ません。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional