気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトの原因・ホルモンバランスの崩れ

セルライトの原因・ホルモンバランスの崩れ

画像の説明

ホルモンバランスの崩れによる血行不良は、セルライトができる原因のひとつになります。

他の除去法マッサージと組み合わせて、女性ホルモンの働きを学び、セルライト予防につなげていきましょう。

女性ホルモンは、体の代謝不良や血行不良などの原因にもなるので、ホルモンのバランスが崩れると、血液やリンパの流れが悪くなります。疲れが溜まってくると、脇の下や首などのリンパが集中している箇所が張っている風に感じることはありませんか?

血液やリンパの流れが悪くなることは、セルライトの除去法や予防法にはマイナスの要因になります。リンパは体の中の悪いものを流す働きをしているので、老廃物が溜まり、セルライトの原因にもなります。

元々、女性は皮下脂肪を多く持っていますから、血行やリンパの流れの悪さによってすぐに脂肪がセルライトに変わってしまうようです。

除去法マッサージでリンパの流れを良くしてあげても、体の内側からホルモンの影響で流れが悪くなっていては、除去法マッサージの意味がないですよね。

ホルモンバランスの崩れの原因となるのは、ストレス、月経周期、更年期障害によるものがあります。なかなか自分では、ホルモンのバランスを整えることは難しいものです。ホルモンバランスの崩れは、のぼせや体調不良なども起こします。

これらの症状がひどい方は、婦人科などの先生と相談をして、ホルモンバランスを整えるためのピルなどの投薬治療を始めてみるのも効果的があるようです。

投薬までするのはちょっと抵抗があるという方には、豆乳の中にある成分が女性ホルモンと似た働きをします。

豆乳には他にも、お肌に良いビタミンB群、ビタミンE、コレステロール上昇を予防する働きのあるサポニンなども入っていますので、お肌の調子をととのえたり、健康に良い働きが期待できるようです。

除去法マッサージと組み合わせて豆乳なら気軽に食事に取り入れられそうですよね。

とくに、更年期の女性はホルモンバランスが崩れて、女性ホルモンが減少する傾向がありますので、ホルモンの乱れを防ぐ対策を取り入れて、セルライトの予防にも役立ててみてはいかがでしょうか。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional