気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトの原因 骨盤のゆがみ

セルライトの原因 骨盤のゆがみ

画像の説明

女性の大半の身体に出来るセルライトですが特に出来やすい部分といえば、太ももです。

結合組織の変異が原因であるとともに、骨盤のゆがみも大きな原因とされています。

骨盤のゆがみが起きると当然、坐骨や股関節にも位置のズレが生じてきます。骨盤のゆがみによって崩れた体のバランスを保とうとするからです。

崩れてしまったバランスを保つため、ゆがんだ骨盤に合わせて股関節も動きます。股関節がゆがんでしまっては脚はを正しく使うことが出来ませんよね。

坐骨の位置がずれると、太ももの裏の筋肉には大きなストレスがかかるようになります。

このように股関節の可動範囲が少なくなり筋肉が本来持つ熱量が低下するということは、脚の代謝が下がりむくみや脂肪が停滞することにつながっていくのです。太ももの裏側のセルライトが多いのは、ゆがみが脚へ、さまざまな負担をかけているからなのです。

骨盤がゆがむことでセルライトが出来ることにはもう一つ理由が挙げられます。

骨盤にゆがみが起きると、内臓や神経にまでズレが生じます。そして圧迫されることによって、痛みや機能低下の症状が起きてくるのです。これは結合組織の変異であり、代謝を低下させる原因となっているのです。

骨盤がゆがむということは、体幹がゆがむということです。

体幹が正常でなければ、本来の身体の能力は発揮されませんし、さまざまな部分に悪影響を及ぼすことになるのです。

反対に骨盤のゆがみが矯正されれば、セルライトを防ぐことに限らず身体にとてもたくさんのメリットが生まれます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional