気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトの原因 結合組織

セルライトの原因 結合組織

画像の説明

自分の後ろ姿を鏡で見たとき、オレンジの皮のように皮膚がデコボコしていませんか?

それは脂肪と老廃物の塊で出来ているセルライトというものです。

約8割の成人女性の皮膚にはセルライトがあり、肥満の方だけでなく痩せている方にも出来ていることもあります。皮膚が波打ち膨らんだようになる為、なめらかな美肌を求める女性にとっては天敵です。

セルライトが出来る原因とは一体何なのでしょうか。

それは体の新陳代謝が悪くなることです。

代謝が悪くなることにより、脂肪組織が肥大化したり水分が滞る為、循環不良が起こります。細胞が大きくなり変形することで周辺組織、すなわち結合組織に影響を及ぼすのです。

その結合組織とは、体の中のいろいろな構造や臓器のすき間を埋める組織です。

例えば真皮・皮下組織・骨膜・腱・血管など、構造は違えど、さまざまな種類があります。結合組織は外科的・身体的な外傷を受けた場合に、弾力性のある流体構造から浮腫性の線維質へと変異します。私たちが普段の生活で感じる緊張や痛みもこの結合組織の変異によるものなのです。

結合組織の変異は血管やリンパ管を圧迫して、さらに体内の循環機能の低下を招きます。そしてさらなる結合組織の変異を生み出してしまいます。

また結合組織は立体的に幾重にも何層にもなり形成されています。その為、循環促進するには立体的なアプローチが必要となってきます。

セルライトを始め、痛みや緊張に効果的な対処をするには、この結合組織の特性を考慮した上で行うことが大切となってくるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional