気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトとは

セルライトとは

画像の説明

セルライトとは、腹部、お尻部分、太もも、二の腕の部分に表皮の下にできる皮下脂肪のかたまりのような物のことで、セルライトは均一に体につく脂肪とは違い、表面はでこぼことしており、オレンジの皮の表面のようにも見えることから、オレンジピールスキンとも呼ばれています。

セルライトとはどのようなものなのか、どのような原因でできるのかを詳しく学んで、セルライトの解消につなげていきましょう。

セルライトについて、実はまだ詳しいことは解明されていません。

セルライトとは、老廃物や水分が皮下組織に溜まったもの、リンパ液が固まったもの、セルライトの成分のほとんどはコラーゲンでできている、などと説が分かれており、セルライトとはどのようなものなのかということ自体がまだ定まっていません。

セルライトか普通の皮下脂肪なのかという違いも明確にはなっていないため、美容業界ではセルライトかどうかという判断は外見で判断がされています。

セルライトは皮下脂肪が比較的多い女性に多くできるとされており、見た目にボコボコとして見えるため、外見から見えるふくらはぎや、水着になった際に目立つ太ももの後ろ側、おなか部分にできるセルライトを気にしている女性が多いようです。

セルライトは脂肪を囲むように存在するため、脂肪の分解をさまたげて、肥大します。

脂肪細胞の周りにセルライトが絡みあって、本来あった脂肪細胞の周辺の毛細血管を圧迫し、切ってしまうことにより、脂肪の代謝が悪くなり、表皮の下にボコボコとした塊のように見えてしまうようです。

冷えやむくみによって、皮下脂肪がセルライトができると、その部分が血行不良になり、冷えやすくなったり、むくみの原因になるとも言われているため、体重的には痩せている人の中にも、セルライトだけが取れないと悩んでおられる方もいるようです。

セルライトがあると見た目が悪く見えるため、せっかくのスタイルもセルライトのせいでマイナスイメージになることもあります。

セルライトのできる原因を知って、ご自身のケースに合ったケアで対策をしていきたいですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional