気になるセルライトの除去法を紹介していきます

セルライトができやすい場所

セルライトができやすい場所

セルライトができやすい体のパーツは、太もも、おしり、おなか、二の腕など、比較的脂肪がつきやすい場所が多いとされています。

女性が気になるポイントとしてよく挙げられるのは、太ももです。

セルライトについてはまだ解明されていないことが多いため諸説ありますが、リンパの流れが悪くなることも、一つの原因として挙げられます。

画像の説明

太ももはリンパ管が集中している場所ですから、セルライトができる原因が集中している場所だとも言えます。

また、太ももはきつめの下着や、細く見えるようにサイズよりスリムなズボンで締め付けるなど、血行が悪くなる環境が揃いがちです。

とくに女性はスタイルをキープするために、矯正下着やガードルなどを着用する方も多いため、下半身の血液の流れを止めてしまいがちです。

加えて、デスクワークの方や、普段の生活が車移動の方は、下半身を動かす機会はぐっと減りますよね。

この血液の流れの悪くなる環境に加えて、リンパ管が集まるという特性のために、太ももはセルライトができやすいようです。

太ももと同じように、下半身にあるおしりの表面にセルライトが気になるという方も多いようです。

おしりもリンパの集まる場所であり、脂肪もつきやすい箇所です。

脂肪が多くある場所で血行不良が起きると、冷えやを招き、脂肪の代謝が悪くなり、すぐにセルライトに結びついてしまうようです。

女性の脂肪はやわらかく、流れやすいという特徴を持っており、おしりについてしまった脂肪が流れて太ももについてしまうなど、おしりだけでなく、下半身全体が大きくなってしまう場合もあります。

冷えやむくみなどはセルライトにつながりますので、血行不良やリンパの流れが悪くならないようにならないように普段から気をつけたいですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional