気になるセルライトの除去法を紹介していきます

あざが出来やすいのはセルライトのせい?

あざが出来やすいのはセルライトのせい?

画像の説明

ぶつけた記憶はないのにあざが出来ている、ちょっとぶつけただけでもあざが出来る。そんな経験がある、という方はセルライトが出来ているのかもしれません。

セルライトが出来ている部分と言うのは、肥大化した脂肪に邪魔されて栄養がうまく行き渡りません。栄養不足は血管の強さにまで影響します。栄養が足りない血管は、切れやすくなってしまいます。すると、ちょっとしたことであざが出来てしまうのですね。

セルライトが出来ているかどうかを確かめる方法としては、皮膚が凸凹になるオレンジピールスキンになっているかどうかというものがあります。ただし、このセルライトは繊維化型セルライトと言って、セルライトの約10%程度なのです。つまり、約90%のセルライトは、見た目では判断することが出来ないのですね。

だけど、セルライトをそのままにしておくと、どんどん進行して自分では落とせないセルライトになっていきます。しかも、見た目的にもかなりひどい状態になり、オレンジピールスキンではなく、マットレススキンという状態になってしまいます。

これは、セルライトの太い繊維が、脂肪細胞をメッシュ状に取り囲んで水分を閉じ込めるため、縄のような網目のついた肌の状態です。

こうなると、エステや医療機関でもセルライトを除去するのは難しく、高額な費用がかかります。ですから、セルライトを早期発見して、改善していくことが大事なのですね。

あざが出来やすいのは、初期段階から少し進行したセルライトと言えます。だから、あざが出来やすくなったら、セルライトチェックをして早めに改善策を取りましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional